実際にFXを始めるには。。。まずは取引会社を選んで、デモトレードで練習して、口座を開設して…などなど、FXを始めるにあたって必要な作業、手順、知識を紹介していきます。

FX取引会社を選ぶ

FXの取引をしたいときは、まずは取引会社を選びFX口座を作ることからはじめます。

では、どのFX業者で口座を開設したらいいのでしょうか?
日本には、インターネットで気軽に口座開設できるFX会社が何十もあります。
業者によって取引画面や注文機能、バーチャルFX(デモ口座)など、取引システムや投資情報といったサービス内容に少しずつ違いがあります。

おすすめできる会社を少しご紹介いたします

  1. GMOクリック証券

    業界最高水準の取引環境。GMOクリック証券はオリコン顧客満足度ランキングで総合1位になった事もある会社です。FX口座数40万突破し、多くの方に選れています。総合的な評価が高いのは間違いありませんので、初心者にはおすすめしたいFX業者のひとつです!

  2. DMM.com証券

    スプレッドは全20通貨ペアで業界最狭水準!DMM.com証券はFX口座数1位の業者で初心者からデイトレーダーまで好評です。特に、平日24時間体制でフリーダイアル、メールはもちろんのこと、業界初のLINEカスタマーサポートも始まり、サポート体制がかなり充実しているのも、初心者の方にはオススメです。

  3. 外為ジャパン

    様々な通貨ペアのスプレッドが大変狭く、取引手数料なども掛からないためコストを抑えながら取引可能です。数多くの金融機関から24時間いつでも手数料無料で入金可能なので大変便利です。その他、1000通貨単位からお取り引き可能のため、初めて取り引きされる方にオススメです。

  4. マネーパートナーズ

    取引単位は100通貨。最低100円から!マネーパートナーズの取引単位は「100通貨」。1ドル120円計算で、100ドルの取引に最低必要な資金はわずか500円!500円から始められる手軽さが人気です。まずは少額投資から、初心者でも安心して取引を始められます。

  5. トレード資金の入金

    各国の通貨を取引するためには、「証拠金」と呼ばれる自己資金をFX会社の口座に入金する必要があります。実際には口座を開設してから、取引ツールを使って、自分の今預金している金融機関から自己資金をFX口座に入金することになります。

    では、いくらくらい入金が必要なのでしょうか?
    例えば、1ドルが100円であれば、1万通貨のドルを買うには単純計算で100円x1万=100万円の資金が必要になります。しかしながら、日本国内のFX会社を利用した取引では、レバレッジが25倍まで認められているため、4万円の必要証拠金(4万円x25=100万円)で買うことが可能となります。

    この少ない資金で、大きな取引が可能であることがFXの大きな魅力の一つとなっています

    ノウハウを学ぶ

    自己流でやってもうまくいかないと思います。だからと言って情報を取集しすぎても、取引ができなければ意味がありません。

    おすすめは、ある程度実績を作っている方のノウハウを、しっかりと学ぶということです。
    なんでも言える事ですが、それぞれのノウハウには、メリットもありデメリットもあるものです。幾つかのノウハウを自分流に組み合わせたからといって、メリットばかりになる訳はありません。逆にデメリットばかりになる事がほとんどなのです。

    ですから、実績のある方のノウハウをまずはそのまま実践して経験を積みましょう。
    そして、ある程度ご自身でも実績を出せたら、デメリットになっている部分があればそれを解消できるノウハウを試行錯誤していけばいいのです。

    自己流は事故流です。
    まずは、先人に学びましょう!!

    当サイトでは、実績のある講師による体験会を開催しています。
    良ければご参考にしてみてくださいね。